メルセデスGLC 200dにガラスコーティング他施工

こんばんはカービューティープロ向井です!

今エアロパーツの取り付けで入院中の2号機ですが、
いよいよ取り付けということでお願いしているSPRAYさんから画像いただきました!

このフロントスポイラーがヴァリアント用ではなくハッチバック用なんですが、
フェンダーのプレスラインが違うのでそのままつけると隙間が空いてしまうのです。


なので加工して付けてもらったのですが写真で見る限りイイ感じになっていますね!


SPRAYさんはVW、audiのお仕事はかなりの数をこなしていますし、
加工が必要な場合ってある程度おまかせになるのでその辺のセンスが大事になってくるので、
うちからはちょっと遠いですがキチンと任せられるお店の方が結果的に手間も少なくて済みますし、
満足度も高いですからね!


まだ全体像は見ていませんが楽しみです〜!(笑)


今日の1曲は、、、知っている人いるかな?
CD持っていたのですが、、、akというアーティストです。

今日ご紹介するのはまたまたメルセデスデス!(大和田常務!?)


今度は新車、、、と言いたいところですが一応新古車とのことです。



なので若干汚れが蓄積している部分もあったりしましたが全体的には状態は良かったのでエコノミーコースでの施工となりました。


これは、、、何か擦ったような跡ですね。


こちらは擦ったのではなく保護フィルムの糊の跡ですね。



ルーフにも。
他に数カ所ありました。

でも新車でも糊の跡はよくあります。


あとはガラスの方も洗車後に拭き取るとこんな感じで模様が浮き出てきます。



サイドも、、、



ルーフは2/3はサンルーフになりますがここも何もしないとこんな感じで微妙な状態ですね。


というわけで今回はサンルーフも含めガラス全面に撥水加工も施工しました。


不純物を除去した跡は水拭きしてもマダラ模様ではなく親水状態になります。


この状態にして初めて撥水剤がきちんとのります。

不純物の上からではちゃんと定着しないで保ちが悪くなるので。

やはり撥水した方が視界もよくなりますし気持ちいいですね!


ボディの方はエコノミーコースなので新車コースと同じ軽い磨きになりますが、



ボディの方もガラス同様に不純物を除去してからコーティングをのせないと定着が悪くなります。



なので一見キレイに見えるホワイトでも磨いてあげる必要があります。


汚れと擦った跡、どちらも消えてスッキリ!


外で最終チェック!


これで新車と言っても誰にもわかりません!(笑)


というわけで完成です。


いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!

その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
どうぞご相談下さい!

TwitterFacebookもやっています!

カービューティープロ 向井
https://cbp-mukai.com/
〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
TEL/FAX.042-332-1976
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コメントを残す