パサートCCのコーティング

 こんばんは!

パサートCCのコーティング編です。
今回、一番上のコースでお受けしたのですが、
ボディの状態がかなりいいので、
今回は軽く磨くコースに変更です。
マンションの地下駐車場とのことで、
4万キロ近いですが、オーナー様の手入れもよく
ほとんどボディが痛んでいません。
ちなみに右は研磨後で、左は研磨前です。
ほとんど変わりませんね…
小傷もほとんどなく、程度は極上です。
なので、ボディの研磨は一工程減らして、
その代わりに普段お手入れしないような所を重点的にキレイにしました。
エンジンルームもそうですが、
ドアのヒンジ部分も油にホコリがついて、汚くなりますよね。
こういう油汚れはなかなか自分では手を出しづらいかと思います。
こんな感じにキレイにしました。
あと、ボディの下の方にタイヤカス等の汚れがあったので…
ここもキレイにしておきました。
ここも這いつくばらないといけないので、
なかなかご自分でやるとなると面倒かと思いますので、
汚れが残りがちですね。
というわけで、ボディの方はキレイでしたが、
新車をもう一段輝かせる気持ちで仕上げました。
しかし、4万キロ近く走っていてこの程度の良さには脱帽です。
私の磨いてきた車の中でダントツきれいです。
今回は引き取り、納車でお願いされたので、
息子と二人で引き取りと納車に行きました。
ちょっとパサートCC(V6 3.6L)のインプレッションを…
見てわかる通り、オーナー様は車好きですのでホイールはBBSの鍛造18インチ。
DCCを活かしてのダウンスプリングが組まれています。
ボタン一つでコンフォート、標準、スポーツの3つのモードに切り替えられます。
私、主にスポーツモードで走りましたが、
スポーツモードでも私のGTi(COXの車高調)より全然乗り心地がイイです。
普段あまり寝ないうちの息子が行きも帰りも寝ちゃいました。
そしてこの車、4MOTION(4駆)なので、
引き取り時は雨だったのですが、
高速道路で抜群の安定性を見せてくれました。
そして299馬力を誇るV6 3.6Lのエンジン。
さすがに車重があるので軽快にとは行きませんが、
クォーンという音と共にグングン加速してくれます。
クーペスタイルの4ドアサルーン、
まさに大人の為の車という感じで、
私が乗るにはまだ早いという感じですが、
オーナー様はセンス良くいじられていて、
スポーティでカッコイイですね!
いつかはク○ウン…
ではなくいつかはパサートCC…
なーんて思ってしまったり!?
納車の際には隅田川沿いの公園でいっしょに遊んでいただきました。
ミニカーを何台かいただいてしまって、
息子も大喜びです。
ミニカーも今は売っていない希少な物をいただいてしまい、
息子にはもったいないくらいです…
車の夢でも見てるのかな?

Follow me!

パサートCCのコーティング” に対して2件のコメントがあります。

  1. あかがすき より:

    どんな夢をみてるんでしょうね?
    ヒンジ部分きれいになるんですね~
    今はあきらめていますが前車の時は何度か挑戦していました。
    私もいつかはパサートしたいです!

  2. >あかがすきさん
    そういえば、まだ夢の話とかしないですが夢見てるのかなあ…
    ヒツジ部分?(笑)
    ここは油汚れなので溶剤と○○で落としていきます~!
    でも使い方間違えるとシミになったりするのでやらない方がいいかもです…
    お、次はパサートですか!?

コメントを残す

前の記事

最近の休憩は30円…

次の記事

メジャー