VW ゴルフGTi クラブスポーツ ストリートエディションにホイールコーティング施工

 

 

こんばんは!
カービューティープロ向井です!

 

 

今日も暖かい一日でしたね。

朝のスッキリを見ていたら東京の桜の開花宣言ももう今日か明日かという状況でしたが、

明日は雨で気温も一桁に急に下がるようですね。

 

相変わらずコロナウィルスの影響で色々なイベントが中止になっていますが、

今年はお花見も自粛という会社等も多そうですね。

 

でもちょっとお散歩しながらお花見くらいは問題ないでしょうから、

日本の春を少しでも感じたいですね。

 

 

というわけで今日の1曲はそんな願いをこめてこの曲で。

 

 

今日ご紹介するのは、、、車両の写真はないのですが、

以前にゴルフ6でコーティング等を施工させていただいたお客様が、

ゴルフ7のGTiクラブスポーツにお乗り換えになったとのことで、

純正ホイールのコーティングのご依頼です。

 

 

でも実は某守護神コーティング屋さんで一度コーティングしたとのことで、

再施工するには早い気もしたので?だったのですがホイールを見て理由がわかりました。

 

 

IMGP6561.JPG

今は違うホイールに変えたので車両から外した状態でスタッドレスタイヤ用で使おうかと思っているそうです。

 

ただ某守護神コーティングでホイールコーティングを施工した際には車両についた状態で施工されたそうですが、

その後なんだか表面が白く曇ったような状態になったそうです。

 

 

 

IMGP6563.JPGこれって落ちますか?とのことでした。

 

 

 

IMGP6567.JPG

触ってみると表面はザラザラでこの写真を見るとわかりますが、

コーティングをスポンジ等で塗った跡がそのまま固まっています。

 

 

 

IMGP6569.JPG

施工した後、わりと短時間でそのまま乗って帰ったとのことで、

推測するに完全に硬化する前に走ってブレーダストごと固まったのでザラザラしているのかもしれません。

 

 

シルバーのホイールだったら目立たなかったのかもしれませんが、

黒いホイールはシビアなのでこういう塗った跡がそのまま見えます。

 

 

なので当店では黒いホイールは追加料金がかかりますが、

理由は単純に塗りすじを消す手間が一手間多くかかるからです。

 

 

一応完全硬化タイプのコーティングのようなので液剤等では落ちませんでした。

 

 

IMGP6581.JPG

ちなみに裏面も手が入る部分に中途半端にコーティングが塗られていて同様にザラザラに曇っていました。

 

 

 

IMGP6583.JPG

通常だと液剤で落とせる汚れを落としてのコーティングという形になるので、

こういった硬化してしまったコーティングは落ちません。

 

 

しかしなんとかしてほしいとのことでしたので、

可能な範囲で磨いて落とすことになりました。

 

 

しかし形状も複雑で機械の当たらない部分もあるので、

あくまで可能な限りということになりますが、施工はこんな感じです。

 

 

IMGP6590.JPG

曇った感じがなくなって本来の黒さになったのがわかると思います。

 

 

 

IMGP6592.JPG

機械が当たらないところは手で磨いたのですが、

このコーティングがなかなか頑固で手では完全に落とせない部分も正直あります。

 

コーティングを拭き取っていないわけですから厚塗り状態でなかなか落ちないのもわかる気がします。

イメージで言ったらクリアのタッチペンをスポンジで塗ってそのままにしてみてください。

完全に乾いてからそれを落とそうと思ったらかなり大変です。

 

もちろん強い溶剤を使えば落ちるかもしれませんが、

その場合はホイールの塗装も溶ける可能性が高いです。

 

 

IMGP6594.JPGもちろん当店でホイールコーティングも塗っているので、

それでまたムラムラになってしまっては意味がないので、

ムラにならないように一手間加えています。

 

 

 

IMGP6597.JPG

一手間と言ってもソリッドブラックなので結構シビアで手間がかかりますけど、、、

 

 

 

IMGP6600.JPG

途中でも書きましたが、通常はホイールコーティングは磨かないので、

今回のようなケースは別料金がかかるのと、場合によっては落とせないこともあるので、

こんなことにならないのが一番ですね。

 

 

IMGP6603.JPG

というわけで完成です。

 

 

写真では1本ですが、もちろん全部で4本あって、4本とも同様の状態でした。

 

 

当店ではホイールコーティングを施工する場合は1泊お預かりとなります。

硬化しない状態で走るとブレーキダストごと固まってしまうことがあるからです。

 

もちろんヒーターなどで焼き付ければ時間は短縮されますが、

硬化したかどうかの見極めが難しいので当店では安全のために一晩乾燥させます。

 

外した状態でも硬化する前に梱包してしまうとホイールに跡がついてしまうので同様です。

 

 

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ガラスコーティング、カーフィルム、ラッピングのことなら
東京都 小平市にあるカービューティープロ 向井におまかせ下さい!
その他、ルームクリーニング、ホイールコーティング、
ガラスの撥水加工、エンジンルームクリーニング、ラッピング等
どうぞご相談下さい!
TwitterFacebookもやっています!
カービューティープロ 向井
https://cbp-mukai.com/
〒187-0032 東京都 小平市 小川町 2-1280 ヴェルデ小川
TEL/FAX.042-332-1976
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ブログを読んでイイネと思った方は↓クリックしていただけるとありがたいです。

自動車 ブログランキングへ

 

JUGEMテーマ:車/バイク

Follow me!

コメントを残す